株式投資シミュレーションゲーム【トレダビ】インタビュー

【Fanet】バーチャル株式投資ゲームを通じて投資に対する「ムズカシイ」を「タノシイ」に!~QUICKのグループ会社Fanetが運営するトレダビが、4月に大幅リニューアル!

日本を代表する金融情報ベンダーQUICKのグループ会社Fanetが運営しているトレダビは、10年以上も続くバーチャル株式投資ゲームの老舗で、これまで延べ45万人以上の個人投資家がゲームに参加している。このトレダビが2014年4月に大幅リニューアルし、楽しみながら継続して株式投資を学べる機能を導入するなどパワーアップして生まれ変わった。

投資家層活性化やリテラシー向上の必要性が叫ばれる昨今、若い世代の利用者が中心のトレダビがどのようにパワーアップしたのか、グッドウェイは2014年4月15日(火)、Fanetを訪れ、取締役の池野 雄人 氏から話を伺った。

株式投資シミュレーションゲーム【トレダビ】インタビュー
株式投資シミュレーションゲーム【トレダビ】インタビュー

 

【トレダビとは】  無料で遊べる株式投資シミュレーションゲームで、会員登録すれば誰でも簡単に株式投資のシミュレーションゲームに参加できる。元手1,000万円の仮想マネーを定められた期間内にどこまで殖やせるかを競うというもので、前回(期間は3ヶ月間)の大会は、約9,000人の参加者が腕を競った。 銘柄は東証上場銘柄を対象にしており、表示される株価は実際の市場の約20分遅れの株価を使って売買する仕組みで、実戦同様に注文方法も成行、指値、逆指値を使うことができる。もちろんダービーで優秀な成績を収めた参加者に対しては、大会ランキング賞品や週間ランキング賞品が用意されている。

≪グッドウェイ≫今日は宜しくお願いいたします。まず、株の仮装売買ができるサービスについてですが、以前は一部の証券会社が独自で提供していたこともありましたが、現在では殆どなくなってしまいました。

≪池野氏≫FX、特に店頭取引はバーチャル取引がかなり一般的ですが、証券の取引所取引の場合は銘柄数も多くシステム回りも含めて金融機関単体での提供はなかなか難しい問題がありますね。弊社以外にも株のバーチャルサイトは2~3ありますが、参加者数的には弊社が最大手のバーチャルサイトと認識しています。さらに弊社のトレダビは利用者の投資力向上に役立つ投資コンテンツであり、投資経験や投資のレベル、目的によってさまざまな使い方ができます。特に初心者にとっては、自分のお金を減らすことなく、売買のコツを勉強することができるので、リアルな株式投資を始める前の練習にぴったりですね。

≪グッドウェイ≫今回、リニューアルされたトレダビでは、ゲームを継続するモチベーションを高めるためさまざまな工夫が盛り込まれましたそうですね。

≪池野氏≫はい、1つめはゲーミフィケーション=ゲーム的要素の導入です。たとえば「ログインしてみよう」、「注文してみよう」、「利益を上げてみましょう」というように、株式売買をマスターするために必要ないくつかのミッションが与えられおり、参加者はそのミッションをテレビゲームのようにクリアしていくと別のステージに進むことができます。与えられたミッションを繰り返しているうちに、徐々に株式投資の経験値を引き上げ、ステータス(レベル)を上げていくことができるのです。また、バーチャルサイトは2~3回の利用でやめてしまう利用者が多いので、ゲーム的要素の導入により利用を継続しようとするモチベーションを維持させるとともに、Fanetのビジョンである、投資に対する「ムズカシイ」を「タノシイ」に変えていくことを実現させているのです。

◎続きはこちら