マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の設立発表

日本の資産運用サービスを世界最高水準へ!新規事業について3社合同記者会見「マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の設立発表」を開催!

2015年11月30日(月)、帝国ホテル 2F牡丹の間にて マネックスグループ、クレディセゾン、バンガードグループの3社は、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の設立と、その事業内容について記者会見を行った。

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の設立発表
マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の設立発表
マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の設立発表
マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の設立発表

マネックスグループ代表執行役社長CEO 松本 大氏は、日本国内に世界最高の長期資産運用サービスを提供する、と新会社への期待と決意を語った。同氏は「日本がデフレからインフレへと向かい、年間50兆円以上の資産が相続されていく中で、今までとは全く違う資産運用の方法が多くの人に必要になる。」とし、ラップ口座という個人がプロと契約し資産運用を一任するサービスに着目。従来の問題点であったサービス申込の最低価格が高い、契約後の顧客へのフォローが不十分、という部分を大幅に改善したサービスを提供すると述べた。

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の設立発表
マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の設立発表

続いてバンガード・インベストメンツ・ジャパン 代表取締役 ディビッド・サーマック氏は、新会社の理念はバンガードの理念と同じものであり、運用資産3.4兆ドルという世界最大の投資信託会社として培ったノウハウは、この度の新サービスに大いに活かせるものであると語った。

 

詳しくはこちら