ネットでNISAフォーラム in Tokyo

ネット証券4社(SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券)の共同プログラム第6回「資産倍増プロジェクト」開催!

ネット証券4社(SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券)の共同プログラム「資産倍増プロジェクト」、第6回となる共同イベント『ネットでNISAフォーラム in Tokyo』を東京・両国国技館で開催!

2016年2月14日(日)、ネット証券4社(SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券)の共同プログラム「資産倍増プロジェクト」は、第6回となる共同イベント『ネットでNISAフォーラム in Tokyo』を前回と同じ東京・両国国技館で開催した。

ネットでNISAフォーラム in Tokyo
ネットでNISAフォーラム in Tokyo

今年度は、フォーラムのテーマを「NISA」のみならず「ジュニアNISA」に広げ、投資初心者でも楽しめる講演や家族でも楽しめる企画を提供。講演会には竹中 平蔵氏や武者 陵司氏が登壇したほか、著名人を招いてのパネルディスカッションなども行われ、また、展示会場では国内の主要運用会社やネット証券4社がブース出展して終日来場者で賑わいを見せた。

ネットでNISAフォーラム in Tokyo
ネットでNISAフォーラム in Tokyo

【両国国技館】

今回の会場も東京・両国国技館。当日の天候は風雨が伴う生憎の空模様となるも、年初からの波乱含みの相場展開の影響もあってか、昨年以上の人出を記録。朝9時30分の開門前から入場待ちの行列ができ、開門時間を早めて来場者を迎え入れる。館内に入ると出展社スタッフの他、とうしくんも愛嬌をふりまきながら来場者をお出迎え。

ネットでNISAフォーラム in Tokyo
ネットでNISAフォーラム in Tokyo

【開会挨拶】

進行を務めるフリーアナウンサー 小川 まどか氏による紹介のあと、冒頭の挨拶には主催であるネット証券4社の代表が登壇し、それぞれが開会にあたっての挨拶をした。

最初はマネックス証券 代表取締役会長CEO 松本 大氏から、マーケットが大荒れの今だからこそ、この資産倍増プロジェクトのイベントには大きな意義があるとし、イベントを通しネット証券各社の投資信託におけるシェアを伸ばしていき、個人投資家皆の投資活動のプラスになるよう貢献してきたいと語った。

続いて楽天証券 代表取締役社長 楠 雄治氏は投資を取り巻く環境の変化についてNISAを取り上げ、2016年に入り投資枠が100万から120万円となったこと、ジュニアNISAが4月から始まることに触れながら、まだまだNISAには改善の余地があるとし、かねてより主張してきたNISAの恒久化の実現に取り組んでいきたいと語った。

SBI証券 代表取締役社長 髙村 正人氏は今年で6回目を迎える本イベントも来場者・協賛企業各社のおかげだとお礼を述べ、投信運用会社・ネット証券・個人投資家が一同に介する貴重な場を時間に許す限り有効に活用して欲しいと述べた。

最後にカブドットコム証券 代表執行役社長 齋藤 正勝氏より、我々ネット証券は今後ともFinTech的な取り組みも含め個人投資家の皆様のため全力で頑張っていくので引き続きよろしくお願いします、と個人投資家へメッセージを送り、開会の挨拶を締めた。

 

詳しくはこちら