コモンズ投信「6周年イベント~コモンズ30ファンドと共に育む未来~」

コモンズ投信が「6周年イベント~コモンズ30ファンドと共に育む未来~」開催!

2015年4月5日(日)、コモンズ投信は、イタリア文化会館 アニェッリホールにて、「6周年イベント~コモンズ30ファンドと共に育む未来~」を開催した。今回、同社が運用するファンドの投資家と投資先企業の担当者が、これからの未来について一緒に語る場となった会場には200人近くが訪れた。

コモンズ投信「6周年イベント~コモンズ30ファンドと共に育む未来~」
コモンズ投信「6周年イベント~コモンズ30ファンドと共に育む未来~」

 

コモンズ投信「6周年イベント~コモンズ30ファンドと共に育む未来~」
コモンズ投信「6周年イベント~コモンズ30ファンドと共に育む未来~」

まず冒頭に 同社 取締役会長 渋澤 健氏から、今回の会場となったイタリア文化会館にあわせて「グラッツェ!」と挨拶。会場をイタリア文化会館にした背景に触れ、いま様々な場所で花見ができるのも、むかし誰かがその種を植えたからであり、これも広い意味での長期投資のひとつだと紹介。

コモンズ投信「6周年イベント~コモンズ30ファンドと共に育む未来~」
コモンズ投信「6周年イベント~コモンズ30ファンドと共に育む未来~」

第1部の「コモンズ30ファンド運用報告」(同社 代表取締役社長 伊井 哲朗氏)では、長期投資の役に立ちたいという想いから生まれた背景を紹介。企業の本質的な価値を大切にし、生活者の共感資産が企業の持続的な価値の創造を通じて、再び家計に還流する資金循環を作りたいとした。

コモンズ投信「6周年イベント~コモンズ30ファンドと共に育む未来~」
コモンズ投信「6周年イベント~コモンズ30ファンドと共に育む未来~」

続いて、「コモンズSEEDCap 応援先のご紹介&ご報告」(認定NPO法人 かものはしプロジェクト 共同代表 村田 早耶香氏)では、カンボジアでの人身売買の悲しい状況から、子供を売らせない、買わせない活動を続けてきた、これまでの取り組みについて詳しく紹介した。

 ◎詳しくは写真ニュースをどうぞ