東証「ソーシャルかぶコン2013」最終審査会

【東証】グランプリ受賞作品決定!東証初の株式市場プロモーションコンテスト「ソーシャルかぶコン2013」、最終審査会・表彰式を東証オープンプラットフォームで開催!

2013年11月25日(月)、東京証券取引所(以下、「東証」)は「株式市場=“Social Good!”(社会的な意義)」をコンテストテーマに開催中の株式市場プロモーションコンテスト「ソーシャルかぶコン2013」の最終審査会と表彰式を東証オープンプラットフォームで開催した。

東証「ソーシャルかぶコン2013」最終審査会
東証「ソーシャルかぶコン2013」最終審査会

このコンテストは、東証として初めての取り組みで、特に若い世代に株式市場をより身近に感じてもらえるよう、株式に関連するスマートフォンアプリやプロモーションコンテンツなどの一般募集、応募、審査、表彰といった一連の流れと、それに関わる広報活動を通じて、株式の理解と認知を高めようとする取組みの一環。

東証はこれまでに、慶應義塾大学(当日の様子)、東京工業大学(当日の様子)、フェリス女学院女子大学、東洋大学のほか、多数の大学キャンパスで学生向けにソーシャルかぶコンの紹介や講演を行ってきた。

若い世代の株式への認知の低さや無関心は個人投資家の裾野拡大を妨げる大きな課題となっている中、コンテストへの応募数は3部門で合わせて122作品(アプリ開発部門:25作品、アプリアイデア企画部門:66作品、プロモーション部門:31作品)に上り、最終審査会では一次審査を通過した3部門17作品のファイナリストが最終プレゼンテーションに臨み、グランプリを競い合った。

冒頭の、東証 常務取締役 土本 清幸 氏による挨拶では、初の試みの中で協力企業各社とのプロモーションにより多数の20~30代を中心とした若い力を持つ幅広い職種からの応募者が集まったことへの感謝、そしてアイデアの実用化に向けた協力を惜しまないことなどに触れ、当日のプレゼンテーションへの期待を示した。

東証「ソーシャルかぶコン2013」最終審査会
東証「ソーシャルかぶコン2013」最終審査会

審査員には、村上 臣 氏(ヤフー執行役員 CMO)、水口 哲也 氏(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)特任教授/ゲームクリエイター)、伴野 智樹 氏(リクルートホールディングス メディアテクノロジーラボ MashupAwards運営事務局長)、西野 嘉之 氏(メディネットグローバル代表 取締役CEO)、池澤 あやか 氏(東宝芸能)、中野 真 氏(ドワンゴ ニコニコ動画運営長)に、東証 常務取締役 土本 清幸 氏が加わり計7名により、証券市場への理解度・表現力・企画力・テーマへの合致度等を総合的に評価し、決定された。

◎続きはこちら