【SBI証券】藤本 誠之 氏 出版記念インタビュー

【SBI証券】投資調査部シニアマーケットアナリスト 藤本 誠之 氏『39連勝男が教える これからはじめる株入門』出版記念インタビュー

2013年9月27日(金)、SBIマネープラザといった実店舗網も保有するSBIホールディングス傘下のオンライン証券事業を中核とするSBI証券を訪ね、TV・ラジオ等の出演や、新聞・雑誌へ寄稿などで活躍し、2013年9月10日に発売を開始した『39連勝男が教える これからはじめる株入門』を出版した同社投資調査部 シニアマーケットアナリスト 藤本 誠之 氏に出版記念インタビューを行った。

【SBI証券】藤本 誠之 氏 出版記念インタビュー
【SBI証券】藤本 誠之 氏 出版記念インタビュー

(藤野)  この度は、ご出版おめでとうございます。最初に藤本さんのご経歴と株式投資の関係について簡単に教えて頂けますか?

(藤本)  はい、実は私は大学時代、電子工学で半導体の研究をしていました。その頃は、NASA(アメリカ航空宇宙局)をはじめとする宇宙開発の分野から金融工学に転身する技術者が生まれた時代で、バブル絶頂期にあった私は金融の分野に興味を持ち、当時インベストメント・テクノロジー・カンパニーを標榜していた日興証券に入社しました。その頃の新卒は、半数近くが理系出身者でした。  大阪支店で2年ほどの営業経験後、株式トレーディング部門に希望して異動し、10年ほどバスケットトレーディングを経験しました。当初は機関投資家からの注文スタイルの多様化への対応、その後は個人投資家向けの販売も含めて株式ロング/ショート戦略を実現するために必要な仕組みやシステムの開発に従事しました。  その後、日興ビーンズ証券でネット証券の株式売買の画面構成の設計に関わり、マネックス証券との合併後にマーケティング部へ異動、そこからネットやマスコミ、セミナーなどで発言する機会が増えていきました。その後、カブドットコム証券では株式、トレイダーズ証券では日経225先物などデリバティブ、マネーパートナーズではFXを中心とする投資情報アナリストを務め、現在はSBI証券のシニアマーケットアナリストとして日本株個別銘柄に関する投資情報を提供させていただいています。

(藤野)  現在は、主にどこにどのような投資情報を提供されていらっしゃるのですか?

(藤本)  SBI証券では、福の神レポート、相場の福の神が語る!、ニュースを半歩先読みマル秘術 相場の福の神が語る!日本株勝ち組投資術! を提供しています。ログインしなくても、誰でも読むことが出来ます。書籍のほかに、Yahoo!ファイナンスの投資の達人、All About、などでも提供しています。  投資家の皆さまには損をせずに投資を続けて頂きたい、そのために、半歩先を読むコツを中心に気付きを与えることが出来たらとの想いで解説させていただいています。例えば、日経新聞の1面にあるような誰もが知っている情報ではなく、小さな記事の中から推測できるネタに注目し、パッと見ても気付かない銘柄に目を向けることを心がけるよう伝えています。また、銘柄を買う時は、売り時の判断材料となる理由の消失を捉えるため、その理由をきちんと書いておくことをおすすめします。ポジションに引っ張られることなく、売却タイミングや撤退ラインを決めておき、あとは福の神に祈る!ということです。(笑)

【SBI証券】藤本 誠之 氏 出版記念インタビュー
【SBI証券】藤本 誠之 氏 出版記念インタビュー

(藤野)  今回発売された新書『39連勝男が教える これからはじめる株入門』やその他の藤本さんの書籍について簡単に紹介をお願いします。

(藤本)  これまで株式投資の経験がまったく無い初心者向けの書籍に仕上げました。株とは何か?、口座の開設方法など、基本的な知識から実際の投資で利益を上げるためのノウハウをビジュアルにまとめています。銘柄選びから売買のポイントまで儲けのコツ、最近話題のNISA(少額投資非課税制度)についても解説しています。  実は、2013年5月31日にも書籍『39連勝! 「相場の福の神」が教えるザクザク株投資術』を出版していまして、こちらは既に株式投資の経験の有る初心者を対象としたものでした。  今後は、中級者向けに信用取引について解説する書籍を用意できたらと考えています。実は、人間の心理として売りから入ると値が上がったときにすぐに買い戻す傾向が強く、買いから入ると持ち続けてしまう傾向があります。これかららもトレーディングの楽しさを知っていただくため、半歩先を読み連想できるコンテンツを用意し、SBI証券のお客様にはより深い内容を提供できるようにしていきたいと考えています。

(藤野)  なるほど、お話をうかがい藤本さんがアナリストとしてご活躍し続けている理由が分かりました。私も今後の参考にさせて頂きます。本日はありがとうございました。

(藤本) こちらこそ、ありがとうございました。今後のSBI証券の日本株投資情報にご期待ください。

【SBI証券】藤本 誠之 氏 出版記念インタビュー
【SBI証券】藤本 誠之 氏 出版記念インタビュー

 ◎オリジナル記事はこちら