canvas_01

【証券知識普及プロジェクト】「投資の日」記念イベント開催!

 2017年10月2日(月)、 日本証券業協会、日本取引所グループ、各取引所(東証、大阪取引所、名証、福証、札証)、投資信託協会など証券9団体で構成する「証券知識普及プロジェクト (事務局:日本証券業協会)」は、東京証券取引所 Arrowsで初となる小学生向け投資ワークショップ「投資の課外授業~チャレンジ!お菓子の株式会社」を 開催した。

 本ワークショップは毎年10月4日を「投資(とうし)の日⇒2017年より証券投資の日に呼称変更。特設サイトはこちら」とした一連のPR活動の一環で開催されたもので、金融街・日本橋兜町周辺にある小学校より5~6年生20名を募集して行われた。

canvas_02

 東京証券取引所 Arrowsで初となる小学生向け投資ワークショップ。参加者である小学生のほか、ご父兄、メディア、スタッフ、JPX関係者等がフロアーで開会を待つ。

canvas_03

お菓子の新商品を考え、ポスターを作り、新商品を発表して、応援したい会社に投資する!

 開会後、日本証券業協会のスタッフがワークショップの進め方について説明。今回は3~4名の班に分かれてお菓子の株式会社を設立。各会社が売り出したいと考えるお菓子のコンセプトやパッケージを開発、手作りポスターも作成し、投資家から資金を集める為の新商品の発表会を実施する。その後、それぞれが『小学生投資家』となり、自らが応援したいと思う会社に対して模擬紙幣で“投資”を行い、株式会社が行う「資金調達」を学ぶという内容だ。

canvas_04

【第1部】特別授業「チャレンジ!お菓子の株式会社」 まずはユニークなコンセプトの新商品を考え、ポスターなど発表の準備を急ぐ!

 説明が終わった後は早速、会社(グループ)単位でのワークショップに移り、子供らしい感性によるユニークなお菓子のアイデアについて意見を出し合い、グループとしての提案内容をまとめていきながら発表の準備を進める。

◎詳しくはこちら