【楽天証券】個人投資家の視点で優れたファンドを表彰!第1回「楽天証券ファンドアワード」を開催!

個人投資家視点でファンド紹介、第1回「楽天証券ファンドアワード」

【楽天証券】個人投資家の視点で優れたファンドを紹介、投票により選出された最優秀ファンドを表彰!第1回「楽天証券ファンドアワード」をベルサール新宿において開催!

2016年4月23日(土)、楽天証券(以下、同社)は第1回「楽天証券ファンドアワード」を東京・ベルサール新宿セントラルパークにおいて開催した。本イベントは投資信託の販売会社が主催する初のファンドアワードで、「個人投資家の視点」で優れたファンドを紹介することで、個人投資家の資産形成を支援することを目的としている。

【楽天証券】個人投資家の視点で優れたファンドを表彰!第1回「楽天証券ファンドアワード」を開催!
【楽天証券】個人投資家の視点で優れたファンドを表彰!第1回「楽天証券ファンドアワード」を開催!

楽天証券が取り扱う約2100本の投資信託の中から、2015年7月に同社が導入した定量評価指標「ファンドスコア」を用いて、8つのカテゴリーの表彰部門から各3ファンド、計24ファンドが選出され、さらにそこから個人投資家、FP、楽天証券投信諮問委員の投票によって表彰部門ごとに1ファンド、計8ファンドが最優秀ファンドとして選出された。

【楽天証券】個人投資家の視点で優れたファンドを表彰!第1回「楽天証券ファンドアワード」を開催!
【楽天証券】個人投資家の視点で優れたファンドを表彰!第1回「楽天証券ファンドアワード」を開催!

会場となったベルサール新宿は、都営地下鉄大江戸線都庁前駅から徒歩4分に位置する新宿エリアの大型イベントホール。当日は晴天となり、受付開始からぞくぞくと訪れる来場者一人ひとりに笑顔で応対するスタッフの姿がみられた。

【楽天証券】個人投資家の視点で優れたファンドを表彰!第1回「楽天証券ファンドアワード」を開催!
【楽天証券】個人投資家の視点で優れたファンドを表彰!第1回「楽天証券ファンドアワード」を開催!

まずはじめに、「開会のごあいさつ」として、同社 代表取締役社長 楠 雄治氏が登壇。今年で同社ができて17年目となり、ネット上の様々なサービスが出てくる中で同社の取り扱う投資信託の数も当初の23本から約2,100本まで増加したと述べた。また、「資産形成として株やFXはもちろんだが、「長期」で資産運用を考えると、中核になるのは投資信託である」として、参加者に本イベントを通じて投資信託について知識を身につけてもらい、資産形成に積極的に活用していってほしいと語った。

 

◎詳しくはこちら