canvas01

【東京金融取引所】取引所株価指数証拠金取引「くりっく株365」に「NYダウ証拠金取引」追加上場したことを記念し、来賓や報道陣らを招いて上場イベントを開催!太田社長が挨拶で利便性のよい商品を今後も続々と上場する意向を表明!

canvas01

2016年6月27日(月)、東京金融取引所(以下、同社)は、 取引所株価指数証拠金取引「くりっく株365」に「NYダウ証拠金取引」が同日に追加上場したことを記念し、報道陣や会員企業らを招いて上場セレモニー及び特別セミナーを同社の中会議室および金融取プラザで開催した。

日本で「ダウ平均」「NYダウ」などと呼ばれているダウ・ジョーンズ工業株価平均は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが米国を代表する優良30銘柄を選出し指数化した、米国証券市場の代表的な株価指数で、世界の証券市場の動きも左右するバロメーターとして広く浸透している。

canvas02

セレモニーは 移転して間もない、東京駅に隣接する地上26階の新たなランドマークである鉄鋼ビル内の同社の施設で行われ、多くの来賓や報道陣などがお祝いを兼ねて同社を訪れセレモニーに参加した。
canvas03

【挨拶】NYダウ上場はかねてからぜひ上場したい商品で、投資家からも要望が多かった商品。今後ますます投資家の皆さんの期待に応えるべく、利便性のよい商品を続々と上場する。

セレモニーが始まり、冒頭の挨拶に立った同社代表取締役社長 太田 省三氏は「先週末の英国のEU離脱で(市場が)荒れているなか、おかげ様で本日に無事スタートできた。東京金融取引所は従来からの金利先物に加え、10年前に為替(くりっく365)を上場、そして6年前に株価指数(くりっく株365)を上場させ、金利・為替・株価指数という金融デリバティブの3つの分野の商品を上場する総合取引所となった。くりっく株365のマーケットは商品性に優れていることもあって、おかげ様で順調に拡大しているが、まだ投資家にしっかりとは知られていないという側面もあり、そういう点でも、今回のNYダウ上場はかねてからぜひ上場したい商品で、投資家からも要望が多かった商品でもあることから、大いに期待している。」と挨拶した。

また、最後には、「貯蓄から投資へという流れがもっと定着すべきと考えているが、そういう意味でも本商品は良い商品といえるので、皆さんに広くご愛顧いただきたい。今後ますます投資家の皆さんの期待に応えるべく利便性のよい商品を続々と上場するということを申し上げ、挨拶としたい。」と今後への強い抱負を語って挨拶を終えた。

◎詳しくはこちら