【東京金融取引所】「くりっく365」上場10周年、「くりっく株365」上場5周年の節目の年にメディア向け説明会を開催。

【東京金融取引所】「くりっく365」上場10周年、「くりっく株365」上場5周年の節目の年にメディア向け説明会を開催。両商品の市場の軌跡と今後の戦略を発表!

2015年8月21日(金)、東京金融取引所は、同取引所に上場する「くりっく365」が上場10周年を迎え、「くりっく株365」も同11月に5周年を迎えることに伴い、両商品の市場の軌跡と今後の戦略等を説明するメディア向け説明会を開催した。(掲載画像は東京金融取引所提供のものを編集)

【東京金融取引所】「くりっく365」上場10周年、「くりっく株365」上場5周年の節目の年にメディア向け説明会を開催。
【東京金融取引所】「くりっく365」上場10周年、「くりっく株365」上場5周年の節目の年にメディア向け説明会を開催。

◎くりっく株365の取引時間の優位性。2014年以降はくりっく365の証拠金預託額が急増し、3,000億円を突破。

【東京金融取引所】「くりっく365」上場10周年、「くりっく株365」上場5周年の節目の年にメディア向け説明会を開催。
【東京金融取引所】「くりっく365」上場10周年、「くりっく株365」上場5周年の節目の年にメディア向け説明会を開催。

冒頭、挨拶に立った東京金融取引所 証拠金営業部長 大房 弘憲氏は、来場の御礼の後、同所に上場するくりっく株365が日225先物の夜間立会時間(午前3時まで)以降のNYクローズの時間帯もカバー(取引可能)する上場商品で、一日(24時間)の値動きの動向を知る唯一の指標であることを紹介。また、くりっく365全体の証拠金預託額が3,000億円を突破し、スプレッドが狭くなる期待が持てる現行の10倍のロットのくりっく365ラージの上場を予定していることも併せて紹介した。さらに、くりっく株365の預り高や口座数も順調に拡大していると説明した一方、証券口座数と比較した場合はまだまだ成長途上にあることから、投資家に同商品のメリットを理解してもらってさらなる拡大に努めたいと挨拶した。

【東京金融取引所】「くりっく365」上場10周年、「くりっく株365」上場5周年の節目の年にメディア向け説明会を開催。
【東京金融取引所】「くりっく365」上場10周年、「くりっく株365」上場5周年の節目の年にメディア向け説明会を開催。

◎高金利通貨・トルコリラ/円の上場の成果~上場3カ月で豪ドル/円に匹敵する取引シェアを獲得。

続いて、証拠金営業部 証拠金営業グループ長 唐鎌 大介氏は、7月の通貨ペア別取引数量で、5月に上場したばかりのトルコリラ/円の取引数量が45万枚を突破して、人気通貨ペアの豪ドル/円に肉薄して第3位になったことや、店頭FXも含めた市場シェアが既に50%近くに及んでいると紹介。また、同通貨ペアの為替証拠金基準額18,000円に対して、年間のスワップポイント合計額(現行金利を基にしたシミュレーション)は、45,625円に及ぶとして、高金利通貨としてのメリットが取引高拡大の背景にあることをを報道陣に説明した。

 

詳しくはこちら