“東証初”の参加型アプリコンテスト「ハッカソン」

【東京証券取引所】”Social Good!”な「株式市場」のプロモーション、「ソーシャルかぶコン2013」“東証初”の参加型アプリコンテスト「ハッカソン」を開催

2013年10月5日(土)10:00~20:30(懇親会含む)、東京証券取引所(ソーシャルかぶコン製作委員会)は、東京都中央区日本橋兜町にある東証オープンプラットフォームにおいて、『東証「ソーシャルかぶコン2013」ハッカソン』を開催した。(参加費:無料、定員:40名)

“東証初”の参加型アプリコンテスト「ハッカソン」
“東証初”の参加型アプリコンテスト「ハッカソン」

ハッカソンとは、「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語。ソフトウエア開発者が一定期間集中的にプログラムの開発やサービスの考案などの共同作業を行い、その技能やアイデアを競う催しで、近年、大手企業が広く外部から参加者を集めて自社の製品やサービスに役立つアイデアを競わせたり、ベンチャーキャピタルによる出資対象の選定に利用されたりしているという。

「ソーシャルかぶコン2013」は、成長を目指す企業と応援したい投資家をつなぐ架け橋として社会的な意義のある“Social Good!”な「株式市場」を、今後いかにしてPRしていくか、東証初となる参加型アプリコンテストへの作品の提出を通じて、一緒に考えていくことを目的としたコンテスト。

当日は、今回のハッカソンに参加して開発されたアプリは一次審査が免除されることや、テレビでよく見かける上場記念式典や会社説明会などが行われる東証オープンプラットフォームで開催されるということもあり、多数の挑戦者(社会人や学生、エンジニアやプランナーなど)が集まった。

“東証初”の参加型アプリコンテスト「ハッカソン」
“東証初”の参加型アプリコンテスト「ハッカソン」

冒頭に、ジオパブリック・ジャパン(Georepublic Japan代表社員)CEO 関 治之 氏より当日のプログラム内容の説明。続いて、東京証券取引所 マーケット営業部 部長 三輪 光雄 氏より開催挨拶として、取引所の役割と歴史、時代の変化に応じたこれからのプロモーションの在り方について触れた。また、同部 調査役 菊地 和宏 氏より「株式市場の社会的意義」に関する説明、協力企業3社(ゼンリンデータコム、日本マイクロソフト、楽天)から各社のサービスをアプリから利用することができるAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)の説明、そして、参加者のアイデア発表とチームビルディングが行われた。

“東証初”の参加型アプリコンテスト「ハッカソン」
“東証初”の参加型アプリコンテスト「ハッカソン」

その後、編成された計6チームによる開発、各チームの成果発表プレゼンテーションと集合記念写真の撮影後、集まった参加者・メディア・東証の職員による懇親会が行われ、終日にわたるハッカソンは1日を振返る賑わいの中で幕を閉じた。多くが初対面同士にもかかわらず、談話と笑顔あり、そして懸命なやりとりと真剣な表情で企画・開発を進める様子が印象に残った。

◎さらに詳細はこちら