日産センチュリー証券

【日産センチュリー証券】インタビュー記事~セブンインベスターズの全株式取得の背景と目的

 日産センチュリー証券は、2013年4月18日に「セブンインベスターズの全株式取得について」、2013年4月25日に「ファイブスター投資顧問への資本・業務提携について」を発表しました。今回、グッドウェイは、日産センチュリー証券 代表取締役社長 二家 英彰 氏、セブンインベスターズ 代表取締役 宮入 義勝 氏を訪ね、M&Aの背景と目的、そして今後の取り組みについてインタビューを行いました。(取材日:2013年7月3日)

日産センチュリー証券
日産センチュリー証券

 日産センチュリー証券は、世界で唯一の東京証券取引所、大阪証券取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、EUREXの取引参加者であり、証券取引はもちろんのこと国内外の証券、商品、FX等のデリバティブ取引を1社で完結して取引することができるユニークな証券会社です。全国14店舗網による地域密着型の対面チャネルに加え、国内外のデリバティブ取引を提供するネットチャネルも充実しており、リテールビジネスのみならず、ホールセールビジネスにおいても定評があります。

日産センチュリー証券
日産センチュリー証券

 実は、前回(取材日:2013年2月25日)の二家氏へのインタビューの中で、以下の発言がありました。

 『当社の戦略のコンセプトは「マルチプロダクト&マルチチャネル」です。その狙いは、あくまでも投資家が勝つための合理的な仕組みと手段を提供すること。』

そして、 『店頭FXについてもM&Aを含めた事業展開を検討している。』としていました。

 今回のM&Aをリードした宮入氏はFX業界における自身の豊富な経験をもとに、今回の店頭FXプロジェクトの責任者として日産センチュリー証券に入社、二家氏から全権を任され直接候補各社のオーナーと交渉にあたったといいます。

◎さらに詳細はこちら

日産センチュリー証券
日産センチュリー証券