canvas_top06

【日本取引所グループ(東京証券取引所)】トーンキュンストラー管弦楽団音楽監督 佐渡 裕氏を招いて、2015年大納会を開催!佐渡氏の記念の打鐘で1年の取引を締め括る!

canvas_top06

2015年12月30日(水)、日本取引所グループの東京証券取引所は、東証Arrows オープンプラットホームにおいて恒例の大納会を開催した。

本年は、日本を代表する世界的指揮者で、2015年9月より、オーストリア、ウィーンで108年の歴史をもつトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任した佐渡 裕がゲストに招かれ、挨拶と共に打鐘を行って1年の取引を締め括った。

dainou012

大納会に先立ち、東証地下一階の会見室で報道陣向け取材説明会が行われ、取材方法の説明の他、抽選により各社の撮影場所が決定された。その後、東証Arrows オープンプラットホームに移動し、参列者が入場するまで報道の準備が進められる。

dainou013

式典開始前には、オープンプラットホームの大型モニターに、トーンキュンストラー管弦楽団の演奏会の様子が映し出され、迫力ある演奏の模様が参列者に披露された。108年の歴史の中で日本人としてはもちろん、アジア人としても初の音楽監督就任だという。

◎詳しくはこちら