top

【日本取引所グループ】井山 裕太 七冠をゲストに迎え、1年の取引の締め括りとなる大納会を開催!

 

 2017年12月29日(金)、日本取引所グループの東京証券取引所は、東証Arrows オープンプラットホームにおいて、1年の取引の締め括りとなる恒例の大納会を開催した。

 本年は、10月に囲碁・将棋界を通じて史上初の2度の7大タイトル獲得を達成した井山 裕太 七冠がゲストとして招かれ、来賓挨拶や打鐘を行った後、最後に手締めを行って2017年の取引を締め括った。

 

1

 

 29日(金)は見事な冬晴れ。大納会に先立って行われた報道陣向けの取材説明会では、40社のメディアによる抽選により、撮影場所が決定される。説明会終了後、大納会の会場である東証Arrows オープンプラットホームに移動して撮影準備が進められる。

 

2

 

 式典開始前、オープンプラットホームの大型モニターに、日本取引所グループやマーケットの今年1年を振り返ってのトピックス映像が流された。

 

3
 その後、2017年に新規上場した企業の経営者ら代表が、盛大な拍手で迎えられながら1社づつエスカレータを順に降りてくる。全員が入場するまで拍手が途切れることもなく、上場の苦労と喜びを改めて噛みしめながら、ステージ前の参列者の列に加わる。

 

4

 

【挨拶】日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO 清田 瞭氏「12月には東証1部の時価総額が過去最高を記録し、IPOも全国的な拡がりを見せた。地域金融機関との連携による地域企業の成長支援や株式上場支援、人材育成や投資家教育の支援を来年も推進していく。」

 清田氏は挨拶の冒頭、「トランプ氏の大統領当選や北朝鮮問題など多くの不透明要因があった中、株価は一度も18,000円を割ることなく安定的に推移し、秋以降は一貫して上昇傾向となった。特に10月の衆院選を挟んで初の16連騰を記録するなど売買も弾み、12月には東証1部の時価総額が過去最高を記録した。さらにIPOにおいても全国で96社が新規上場、東京以外に本社を置く企業の上場も34社と活況となるなど、IPOの全国的な拡がりを見ることができた。」と今年1年の株式市場を振り返った。

 また、「東証は地域経済の発展を目差す地域金融機関との連携によって、地域企業の成長支援や株式上場支援、人材育成や投資家教育の支援を通じて地域経済発展と活性化に役に立つ取り組みをしてきた。」として事例を紹介。今後も積極的に取り組んでいくとした。また、ゲストの井山 裕太 七冠の紹介の最後に「国民栄誉賞が検討されている井山七冠の輝かしい実績と活躍に株式市場もあやかって、来年の証券市場のさらなる飛躍を願うとともに、日本取引所グループも我が国資本市場の心臓部を担うものとして引き続き努力していきたい。」と語って挨拶を終えた。

 

 

◎詳しくはこちら