日経IRフェア2013

【主催:日本経済新聞社 特別協力:日本取引所グループ、日本証券業協会】上場企業と個人投資家の出会いの場『日経IRフェア2013 STOCKWORLD』東京ビッグサイトで開催。2日間合計で昨年を上回る17,000人以上が来場!

2013年8月30日(金)~8月31日(土)の2日間、日本経済新聞社は日本取引所グループ、日本証券業協会の特別協力、QUICK、日本IR協議会、NPOエイプロシスの協力のもと、東京ビッグサイトで「日経IRフェア2013 STOCKWORLD」を開催した。

日経IRフェア2013
日経IRフェア2013

企業と個人投資家を結ぶ、投資家向け広報(IR)のためのイベントである日経IRフェア。100社を超える上場企業の展示ブースでのプレゼンテーションやミニセミナー、著名人や専門家による講演会、投資関連セミナーや会社説明会などが2日間にわたって行われた。事前登録無しで誰でも入場でき、来場者は講演会や説明会で様々な投資情報や企業情報を収集し、興味のあるブースを訪れノベルティーを受け取ったり、IR担当者と触れ合うなど、終日多くの個人投資家で賑わった。

主催者発表によれば、初日の来場者は8,690と昨年を1,000人上回り、 2日目の8,718人を加えると2日間合計では17,408人の来場者数を記録。アベノミクスによる企業業績の回復と投資環境の好転を背景に、出展社数も昨年を上回ったという。

日経IRフェア2013
日経IRフェア2013

各社の展示ブースでは自社をPRするプレゼンやミニセミナーなども多く行われ、アンケートに答えた来場者には飲食優待券やお菓子、文具など、様々なノベルティも配布された。気軽にIR担当者とコミュニケーションをとりながら企業情報を収集し投資のヒントを得られるほか、来場者の中にはブースの雰囲気から企業の活力を探ろうとする投資家もいる。オリンピック関連など、自分なりのテーマやセクターで投資対象を絞り込んでブースを回る個人投資家も多いようだ。

日経IRフェア2013
日経IRフェア2013

講演会場では2日間で全10セッションの講演が行われた。主な講師(またはモデレーター)としては、竹中 平蔵 氏(慶應義塾大学総合政策学部教授)、澤上 篤人 氏(さわかみ投信 取締役会長)、藤沢 久美 氏(シンクタンク・ソフィアバンク代表)、武者 陵司 氏(武者リサーチ代表)など著名人が登壇したほか、A~Dの4つのセミナー会場では、約50に上る協力・協賛企業による会社説明会や投資セミナーを開催、多くの個人投資家が参加して投資の判断材料を収集した。

◎続きはこちら