moneyforward01

【マネーフォワード】学生に向けた金融リテラシー向上プロジェクト「18歳からのマネーフォワード」記者発表会を開催。第一弾として聖徳学園での公開授業が決定!

moneyforward01

2016年11月1日(火)、マネーフォワード(以下、同社)は東京・森永プラザビル23階の会議室において、学生に向けたお金のリテラシー向上プロジェクト「18歳からのマネーフォワード」開始に関する記者発表会を開催した。

「18歳からのマネーフォワード」は、おこづかいの他に、アルバイト等でお金に触れる機会が増える高校生に向けて、お金の知識や付き合い方を発信することで、将来の不安を和らげ、人生の選択肢を増やしていってほしいという思いから開始したプロジェクトで、第一弾として、聖徳学園の生徒へ授業を行うことが決定したという。

tei02

会場となった森永プラザビルの会議室には、民放のテレビ取材の機材が並んでおり、注目度の高さが伺われた。

%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%8903

まずはじめに、同社 取締役 Fintech研究所 所長 瀧 俊雄氏から、本プロジェクトを発足するに至った経緯が説明された。スマートフォンの浸透率が高まる昨今、学生にとってお金と関わる機会は増えたが、付き合い方や知識がないために、トラブルに巻き込まれることも多く、貯蓄から投資に動くことは難しい状況となっていると述べ、また、今現在の金融教育について、そもそもお金とは何なのか?家計簿の書き方など基礎の教育が足りていないことを指摘した。今回の本プロジェクトを通して、これまでの金融教育を見直して、新しいお金の教育のスタンダートになれればとした。

◎詳しくはこちら