Money Forward お金のEXPO2015

【マネーフォワード】個人のお金の不安解決をテーマにお金に関する世の中の情報を一元的に勉強する場、「Money Forward お金のEXPO2015」を開催!

2015年11月22日(日)、マネーフォワードは、品川インターシティホールにおいて個人のお金の不安解決をテーマにした 大型イベント「Money Forward お金のEXPO2015」を開催した。

Money Forward お金のEXPO2015

当日は、家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト「マネーフォワード」を活用する個人を中心に来場者の層は若い世代(20代:24.7%、30代:37.0%、40代:21.5%)も多く、協賛企業も多数のロボットを動員して対応。銀行、証券、保険、ライフプランニングなど、暮らしに不可欠なお金に関する課題をすべて解決する1日として開催された同イベントには、1,000名以上が来場した。

Money Forward お金のEXPO2015

なお、事前アンケートによると参加者の興味関心の分野として、ライフプランニング・人生設計、株式投資、投資信託、節約・家計簿、401K(年金・確定拠出年金)、NISA(少額投資非課税制度)などが上位に挙がったという。

Money Forward お金のEXPO2015

開会の挨拶は、マネーフォワード 代表取締役社長CEO 辻 庸介氏が登壇。来場者へのお礼の言葉と共に、お金に関する世の中の情報を一元的に勉強することが難しいという状況がある中で、終日にわたる盛りだくさんの各講演やパネル、ライトニングトークについて概要を紹介。また、新たに提供を始めた交通系電子マネーに対応した『ICカードリーダー by マネーフォワード』についてブースで紹介していることに触れ、資産運用の課題解決に少しでも役立ちたいとし、ぜひ立ち寄り、要望などあればぜひ伝えてほしいとした。

詳しくはこちら