マネックス・アイデアソン

【マネックス証券】取引アプリの新創発、「マネックス・アイデアソン」開催、オープンプラットフォーム「tradable」で使えるFXアプリを考える、既存の考え方に縛られない感覚を重視、新しいアプリケーションのアイデア出しへ!

2013年12月7日、マネックス証券は、新宿区・四谷にあるIDCフロンティア東京本社(会場提供:協力)において、「日本初!マネックス・アイデアソン、tradableで使えるFXアプリを考えよう」を開催、FXを知らない人、技術力やアイデアを持つ人、ビジネスとして関心を持つ人など、出来るかぎり既存の考え方に縛られない感覚を重視し、様々なバックグラウンドを持つ約20名が参加、半日にわたりアイデアを出し合った。なお、このアイデアソンは、2014年1月下旬~2月初旬に開催予定のハッカソンに向けて、これまでにない新しいアプリケーションのアイデアを考えることを目的としている。

マネックス・アイデアソン
マネックス・アイデアソン

ちなみに、アイデアソンとは「Idea」と「Marathon」を組み合わせた造語で、テーマを定めた上でアイデアを出し合いまとめるワークショップ。

冒頭に、Georepublic Japan  関 氏より当日のプログラム内容について説明。続いて、マネックス証券 豊嶋 氏より、FXやtradableについての解説と質疑応答、そしてtradable社の共同創設者でCEOのJannick Malling氏によるビデオレターが上映された。

マネックス・アイデアソン
マネックス・アイデアソン

豊嶋氏によると、通常、証券会社やFX企業では、投資家である顧客に提供するサービスのためのアプリケーション開発時において、先ず年間予算を確保した上で要件定義、開発、テストといった一連のプロセスを経て最終リリースまでに長い時間がかかることや、投資家の声をタイムリーに反映することが難しいことが課題となっており、このような課題に対し、今回のtradableの登場によって一般の参加者(投資家やシステム会社)が持つアイデアを比較的容易な開発言語(HTML5、Java、Javaスクリプト)などにより、スピーディーにアプリとして提供することが可能になるという。

マネックス・アイデアソン
マネックス・アイデアソン

◎続きはこちら