【マネックス・ラボ】オンライン投資アドバイスという”未来の金融”を目指して、資産運用における投資信託の銘柄選びをサポートするスマホアプリ「answer」開発者インタビュー

【マネックス・ラボ】オンライン投資アドバイスという”未来の金融”を目指して、資産運用における投資信託の銘柄選びをサポートするスマホアプリ「answer」開発者インタビュー

2015年2月26日(木)、電通国際情報サービス(ISID)が開催した「金融イノベーション ビジネス カンファレンス FIBC2015(Financial Innovation Business Conference)」(取材レポート)のFinPitch登壇サービス特別枠に登壇したマネックス証券 執行役員/マネックス・ラボ 室長 飯田 敦氏。

【マネックス・ラボ】オンライン投資アドバイスという”未来の金融”を目指して、資産運用における投資信託の銘柄選びをサポートするスマホアプリ「answer」開発者インタビュー
【マネックス・ラボ】オンライン投資アドバイスという”未来の金融”を目指して、資産運用における投資信託の銘柄選びをサポートするスマホアプリ「answer」開発者インタビュー

飯田氏によると、マネックス証券という大企業におけるFinTechチャレンジの背景として、PFM(Personal Financial Management)やロボアドバイザーという分野で”オンライン投資アドバイス”を作りたい、”未来の金融”を目指して、マネックスベンチャーズによるFinTceh支援と共に、金融機関の中からもチャレンジしたいという想いからanswerプロジェクトが発足したと解説。

NISA(少額投資非課税制度)をはじめとする非課税枠の拡大によって投資環境が整ってきている中、「どのように投資していいかわからない」、「何を買えばいいのかわからない」といった声に応え、株式に比べて圧倒的に低いネット取引比率(10%未満)を向上すべく、5,400銘柄を超える多くの投資信託の中から自分の目標に合った銘柄選びをサポートできるアプリanswerの提供を開始したという。

【マネックス・ラボ】オンライン投資アドバイスという”未来の金融”を目指して、資産運用における投資信託の銘柄選びをサポートするスマホアプリ「answer」開発者インタビュー
【マネックス・ラボ】オンライン投資アドバイスという”未来の金融”を目指して、資産運用における投資信託の銘柄選びをサポートするスマホアプリ「answer」開発者インタビュー

answerの操作は、保有資産の登録、目標の設定(10年後の目標と予測)、銘柄の選択の3つのステップでシンプルな操作性を実現、全ての投資信託の目論見書にある運用方針や投資対象比率の分析データなどをもとに、資産配分比率の見直しを通じてanswerが独自に算出するスコアの改善を図ることで持続的に資産運用の維持管理を支援する。

今後は、先ずB2C領域での実績を高め、統計的なデータの公開を通じて投資家に役立つ情報提供のほか、将来は、確定拠出年金導入企業の担当者向け教育、フィナンシャルプランナーや銀行の営業員向けのサポートツールとしてB2B領域でも役立っていきたいとした。

 

詳しくはこちら