ネットで投信フォーラム in Tokyo

【ネット証券4社:資産倍増プロジェクト】インターネット証券大手4社による共同運営、投資信託による資産運用の普及啓蒙活動『ネットで投信フォーラム in Tokyo』開催!

2014年3月21日(金)、投資信託販売プロジェクト「資産倍増プロジェクト」で共に活動するインターネット証券4社(SBI 証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券)は、東京・両国国技館において、投資信託の販売ならびに投資信託による資産運用の普及啓蒙活動『ネットで投信フォーラム in Tokyo』を開催した。

ネットで投信フォーラム in Tokyo
ネットで投信フォーラム in Tokyo

快晴となった当日、多くの個人投資家が訪れ、10時~18時まで終日にわたりメイン会場、ミニセッション会場で講演が行われたほか、報道メディア向けに4社長の記者会見もあり、盛りだくさんの内容で行われた。

ネットで投信フォーラム in Tokyo
ネットで投信フォーラム in Tokyo

先ず冒頭に、齋藤社長は、株式においては足元の2月に96.5%がネット証券経由になっている一方、投資信託はまだまだシェアが低く、2011年3月に4社共同プロジェクトを開始した時点の投資信託の残高(当時1兆円)についても現在1.7兆円と、資産倍増・倍返しまでに至っていないことに触れ、早期実現を目指したいとした。

続いて、髙村社長は、この投信フォーラムは製造機能を持つ運用会社と販売プラットフォームを持つネット証券が製販一体となって投資家と触れ合う唯一の場であるとし、参加者と協賛社で積極的なコミュニケーションを図り、有意義な一日にして欲しいと語った。

また、楠社長は、この日の投信フォーラムに先立って開催した女子限定の投資イベント(取材レポートはこちら)をはじめ、少しでも多くの皆様に理解を促していきたいとし、長期に渡る資産形成を支援すべく引き続きタッグを組んで制度やルールの改正を行い、少しでも便利な環境の整備に向けて取り組んでいきたいとした。

そして、最後に、松本社長は、相場の雰囲気が去年と異なっている現状に対し、アベノミクスとデフレ脱却の実感、NISAへのうねり、アメリカ金融緩和の縮小、シェールガスの登場、新興国の値下がりなどもあり、今こそが絶好のチャンスであるとした。また、自身がトレーダーだった時からの経験から、ツールもさることながら、最も大事なことはどのようにマーケットを見るかという知恵やソフト面であると語り、今回の投信フォーラムがそのきっかけとなってほしいと結んだ。

ネットで投信フォーラム in Tokyo
ネットで投信フォーラム in Tokyo

その後、ゲスト講演「世界を読み解くキーワード」(エコノミスト・ジャーナリスト 伊藤 洋一 氏)、協賛企業7社の講演のほか、パネルディスカッション「NISA元年!どうなる資産運用!!」では、藤本氏(SBI証券)、河合氏(カブドットコム証券)、広木氏(マネックス証券)、山崎氏(楽天証券経済研究所)と4名のパネリストと岸田氏(ラジオNIKKEI記者)がモデレーターを務め、今後の市場見通しや資産運用のポイント、NISAの解釈と活用方法、事前に受けた質問の上位として、銘柄選び、分散投資、売り時、REITなどについて、それぞれの見解が示された。

◎続きはこちら