【セントラル商事】2014年春季経済講演会

【セントラル商事】2014年度の三大リスク「SFC(Sales Tax、FRB、China)」、植草一秀氏、三度の登壇!春季経済講演会「消費税増税でどうなる日本経済!」

2014年4月12日(土)、東京・大手町にある日経ホール&カンファレンスルームで、商品先物取引、金地金の売買・金地金リース等のサービスを提供するセントラル商事は、個人投資家向けの経済講演会「消費税増税でどうなる日本経済!」を開催した。

【セントラル商事】2014年春季経済講演会
【セントラル商事】2014年春季経済講演会

1950年の設立以来半世紀以上にわたり商品先物取引による資産運用を提案し、情報サービスの提供を行ってきたセントラル商事は、商品市況の動向の他、為替や経済などをテーマとした特別講演会「四季彩セミナー」を年に四回開催しており、今回の春季講演会では、第1部の講師にエコノミストとして名高いスリーネーションズリサーチ代表取締役 植草 一秀 氏が三度登壇、そして第2部には貴金属のスペシャリストとして著名なスタンダードバンクPlc東京支店長 池水 雄一 氏が講師として招かれ講演が行われた。  春の陽気が漂う中、快晴に恵まれた当日の講演会場には多くの個人投資家が足を運び、定員180名の会場はほぼ満席となった。

【セントラル商事】2014年春季経済講演会
【セントラル商事】2014年春季経済講演会

第1部に登壇したスリーネーションズリサーチ代表取締役 植草 一秀 氏の講演では、スクリーンに次々と映し出される50ページ以上におよぶ講演資料を基に、冒頭では2014年度の三大リスク「SFC(Sales Tax、FRB、China、それぞれの頭文字)」に対する解説を行った。同様に、アベノミクスからアベノリスクの時代へ移行する可能性なども示唆したものの、一方では債券利回りと株式利回りを考慮した妥当なPER(株価を一株利益で割った倍率)を考えると日本株は割安であり、今回の調整場面は今後の上昇にむけて大きなチャンスになるだろうと語った。

これ以外でも投資家にとって興味深いテーマが次々と取り上げられ、独自の分析によるダイナミックな考察と見解がテンポよく披露されて1時間以上におよびぶ講演はたちまちの内に終了し、植草氏は大きな拍手を浴びながら壇上を後にした。

◎続きはこちら