セントラル商事

高崎市で開催した投資家デビュー応援セミナー取材レポート!

【セントラル商事】投資活動の力で地方に活力を!高崎市で開催した投資家デビュー応援セミナー~杉村 富生氏が伝授する、「マイナス金利時代の資産運用、その始め方と心得」

2016年4月9日(土)、商品先物取引、FX(くりっく365)、株CFD(くりっく株365)のサービスを提供するセントラル商事は、群馬県高崎市にある複合リゾート施設「ニューサンピア」で、投資家デビュー応援セミナー「マイナス金利時代の資産運用、その始め方と心得」を開催した。

セントラル商事
セントラル商事

同社は拠点のある東京で開催するセミナーの他、2015年12月から地方開催セミナーとして群馬県高崎市において定期的にセミナーを実施し、地方の個人投資家育成を通じて、コンサルティングサービスや情報ツールなど、自社の強みをPRするとともに、国策として地方創生というテーマが盛んに取り上げられる今、預貯金のみに偏重する地方への投資活動PRによって、資産運用の面から活性化させようと、こうした取り組みを続けている。

セントラル商事
セントラル商事

会場のニューサンピアは、ホテル、レストラン、展望風呂の他、イベントやインドアスポーツ用の多目的アリーナ、プール、テニスコート、ゴルフ練習場などを併せ持っており、地元の人々に親しまれる憩いの場ともいえる複合施設。

セントラル商事
セントラル商事

セミナー開演前に個別レクチャー(予約制)の時間を設け、参加者毎にコンサルティング担当スタッフが投資の基礎知識を説明し、様々な相談にのる。一方向的な情報収集が中心のセミナーの前に、投資家としてのイロハや心構えをこの時点で学んでいく。

セントラル商事
セントラル商事

セミナーが開演し、はじめにカネツFX証券 マーケットエコノミスト 鹿野 正之氏が「FX・日経平均株価指数取引(CFD)の基礎知識」と題して、東京金融取引所に上場する両商品の特徴や取引方法などを説明。参加者は1時間にわたって、みっちりと基礎知識を学ぶ。

詳しくはこちら