canvas_Top

【ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ】SPY米国上場25周年記念式典開催

 2018年1月30日(火)、ステート・ストリート・コーポレーションの資産運用部門であるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)は、東京証券取引所2階の東証ArrowsオープンプラットフォームにおいてSPY米国上場25周年記念のセレモニーおよび記念セミナーを開催した。

 米国上場25周年を迎えたSPYの正式名称は「SPDR S&P 500 ETF(1557:東証、SPY:NY証取)」で、S&P 500 指数の価格と利回りに連動して投資成果を上げることを目標にしており、SPDRブランドは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズおよびその関連会社が提供するETF(上場投資信託)のブランド名となっている。
canvas_01

 式典会場となった大納会や大発会、上場セレモニーなどが行われる東証Arrowsオープンプラットフォームには、開始に先立って関係者が拍手を浴びながら入場。
canvas_02

 式典冒頭では髙村 孝氏(ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ 代表取締役社長)が挨拶。上場する東京証券取引所のサポートに感謝の言葉を述べるとともに、SPY米国上場の経緯などを紹介。世界で拡大を続けるETF市場の中でSPYがパイオニアであるとして、運用資産残高や売買高などに触れた。成長が続き社会的インフラのひとつに発展していくETFを扱う中で、今後も投資家に価値あるサービスを提供していきたいと挨拶した。
canvas_03

 続いて米国上場25周年を記念した木槌が宮原 幸一郎氏(東京証券取引所 代表取締役社長)より髙村氏に贈呈され、3名が順に打鐘を行った。

 

◎詳しくはこちら