image_top3

【みずほ銀行/伊藤忠テクノソリューションズ】ロボットを活用した銀行サービスの高度化「3種類のコミュニケーションロボット設置に関するお披露目会」開催!

 
 2017年1月16日(月)、みずほ銀行および伊藤忠テクノソリューションズは、みずほ銀行八重洲口支店において、メディア向けに「3種類のコミュニケーションロボット設置に関するお披露目会」 を開催した。

 期間限定で、同支店内「FinTechコーナー」に設置された3種類のコミュニケーションロボット(Pepper、Sota、NAO)が、「NISA のお得な話」、「海外の金利動向」、「将来のお金の準備」など資産運用についてロボットが掛け合いを行いながら案内を行う様子が披露された。

 

image

 

 冒頭に、みずほフィナンシャルグループ コーポレート・コミュニケーション部 広報室 松田 卓麿氏より、会場に訪れたメディア関係者へのお礼の言葉と共にお披露目会の流れが紹介された。

 

image1

 

 続いて、みずほフィナンシャルグループ インキュベーションPT シニアデジタルストラテジスト松井 史歩氏より、FinTechコーナーのコンセプトについて紹介すると共に、今回の展示の狙いとして、ロボットを活用した銀行サービスの高度化を通じて、将来的には、人に代わって、ロボットが受付業務、コンサルティング業務、窓口業務など一貫してサービスを提供できるような仕組みづくりを展望していると語った。

 また、伊藤忠テクノソリューションズ イノベーション推進室 シニアマネージャー 松崎 雅浩氏より、今回の「RoBo-LAB連携による3種類のロボットのおもてなし」サービス連携の概要について紹介。同社が提供するロボット&IoTプラットフォーム「RoBo-LAB」を活用した共同開発により、人口減少を迎える中、ロボット単体ではなく、人間と同様に複数のロボットがそれぞれの特性を活かして連携することで大きな価値やサービスを生み出していくとし、今回のロボット(Pepper、Sota、NAO)連携の構成について解説した。

 

 

◎詳しくはこちら